新月と水女神。西の三都にて



今年初の新月をはさんた連休1/9~11を、
京都・大阪・神戸の三都物語で過ごしてきました^^


IMG_2112.jpg
月女神の御胸には兎さん...


新月と満月の巡りは、生活や仕事にとてもいいサイクルの指針になりますよね
新しい事のアクションや着手・発信をスタートさせる時・目標を設定したりアップデートするのは新月の日
考えをまとめたり 果たしたり受け取ったことをあらためて整理し、感謝を捧げるのは満月の日
日常の小さな行動でもお月様の巡りを反映させるといいと思います。女性はとくに体内に巡りを持っているので月をシンクロさせる...


たとえば、
満月から下弦を経て新月へと欠けていく2週間はデトックスやファスティング、断捨離、集めた情報や感情を整理、「取り除く」系の治療や行動(たとえば歯の治療や手術などもその後の治癒が良好になったりするそうです。私は髪や爪はこの時期に切ったりします)
新月から上弦を経て満月へ向かう満ちていく2週間は、髪のカラーリングをはじめ 美味しいものをいただいたり 必要かつトキメくお買物をしたり 知識や情報をとりこむ時期に。心身に栄養やご褒美、あらゆる豊かさを感謝して楽しむ時期にあてて、大きな恵みを受け取っていたらお花を部屋に飾ったりキャンドルを灯して小さな満月祭を部屋ですることもあります。


エナジーエレメンツとして連動を感じるのは
日・火・光・剣・八咫烏・男性性
月・水・慈愛・水晶・麻・女性性
など...

今回の新月は、ある大きな..大きすぎる目標の着手にGoing on,
関西へ向かうことにしたのですが、かねてから行きたかったところをピックアップ
そうしたら偶然にも三都をとおして水の女神様を渡り歩くことになったのでした。



Lotus.jpg



1/9 京都にて

去年の春から急に、足しげく京都へ向かうことになりました。お仕事をさせていただいたり、レッスンを受けたり舞台公演に出させていただたりと、急に京都時代が来ましたw
生まれ故郷ということもあって、京都への用事が決まるともうウキウキしてきます!!夏には愛するpopoちゃん をあずけて(まで)、一週間一人ツアーを決行してしまいました。。。。とそこを書いていると今でも長いブログが長過ぎて、スマホで読んでくださっている方にも悪いので(^^;)
いつも朝5時すぎに家を出て、9時前には京都に入り、朝の珈琲を駅でいただいたら行動開始です。
まず定例の朝イチコースへまっすぐに向かいました
祇園八坂神社で京都入りのご挨拶 (須佐之男命を父のように感じるので) その奥の東山にある大谷祖廟 (父方のお墓がありますのでお参り) そのすぐ北にある吉水辨財天さんと滝にご挨拶 祇園通りに戻ル。



IMG_6632.jpg  IMG_6621.jpg
観光客がほとんどおとずれない静かな山あいのお堂です。お正月につづき椿姫とも会えました



だいたいいつも、ここ吉水さんで水女神の弁天様にご挨拶をしてから
京都を走り回る歩き出すのです
ここからが本番ですが、ぐーーーっとまっすぐ北へ。



IMG_4134.jpg

winter.jpg  summer.jpg
貴船の姫神様ブログタイトルをありがとうございます。ただいまもどりました...
2016冬そして2015夏ver.



この日は本当によいお天気で暖かくて太陽のエナジーもとても高く、どう何を撮ってもキラキラしていました。
ホーム京都はかけあしだったので、
貴船川()とはツインになる鞍馬山()へは上がれなかったので、ふもとにて 大きな社会も小さな自身にも陰陽二元調和がととのう努力ができるように祈って...パシャリ...ピッカリ✨
さてそろそろ山を降りて、賀茂川を通って京都駅まで一気に南下します

IMG_6658.jpg

IMG_6668.jpg

IMG_6635.jpg



一気に..と思っていたら水神マジックが。
今まで一度も通ったことの無い道からショートカットしようとして、(京都は乗り継ぎがちょっとめんどくさいのです〜)いつもならタクシーに乗るところを天気も良かったしなぜかずんずん歩き出したのですね。
するととつぜんウツクシイ波動ガ

demachi_myoondo12.jpg

ずっと前から気になっていた件・・・
「賀茂川と高野川の合流点(下鴨神社がある 出町というところ)、京都じゅうの川の中でもこの最大重要なスポットを守る弁財天様はいったいどこに!!??」
タクシーに乗っていたらきっと素どおりしていました。この最大重要な出町の
青龍妙音弁財天さまに「こっちこっち。用があるから」と呼ばれてしまい・・・見つけたというより自分が見つかってしまった氣になりました。それは氣のせいでなく

75f47c83dcebdac73a9b1c84cd272d9b.jpg

なんと年末の最後の最後に伺った、赤坂の豊川荼枳尼眞天様までおみえだったのです。wikipedia荼枳尼天
年末に、ある思いを巡らした赤坂見附にほど近いこちら。豊川稲荷別院境内の奥の院。お堂の中には自由に入れて、自分の内を静観させていただけるのです。
とても美しい空間であり、通常のタイムラインからそっと抜け出せる場所です。どうぞ心静かな時間を過ごしてみてくださいネ↓

DSCN1542.jpg

IMG_6525.jpg


年末にここ荼枳尼天様の御前で思い巡らしたことをアクション!!するために西へ赴いた今回の旅だったので、とてもよい予感がしてきました。
参拝していましたら某有名ベテラン俳優さんが若手俳優さんと静かに入ってこられました。熱心なこちらの崇拝者さまか檀家さまのようです。「あけましておめでとうございます」から、社務所の方と私もまじえていただきしばし弁財天・荼枳尼天トーク。さすがに京都の水源を守ってくださる弁財天様と、内外諸説ありますが日本では稲荷神格として食物の恵みも齎してくださる荼枳尼天様、お二柱がアンカーしておられるデルタゾーンで思いもかけない感謝の時となりました。

この旅はなにか導かれているなあ。。。





1/11 神戸にて

新月の大阪での記はあとに書くことにします。
初めて神戸に来ました。
ご挨拶は神戸観光のメッカ、三宮にて稚日女尊を御祭りする生田神社へ
http://www.ikutajinja.or.jp/about/
神戸とってもいい所ですね!!淡路島や六甲山にも行きたいからまたすぐに来たいです。ガイドしてくれた関西KIKI塾ダンスシスターズ♪ありがとう♪


IMG_6701.jpg



稚日女(ワカ姫)尊様は、社伝によると天照大神(男神)の荒御霊または妹神となっていますが、事実は姉神であり
古代の書ホツマツタエ...一節によると古事記の編成の参考にされたと言われているのですが、ヲシテ文字という古代の文字でそれを記され 女性の生き方をここにしたためられた姫神です。
12313625_10207127698704036_3416485088896151434_n.jpg



ホツマツタエによると、
天照大神 (天照国照彦火明櫛玉饒速日命(ニギハヤヒ様)は晩年、妻である瀬織津姫(向津姫(ムカツ)..天照大神に向かいあう姫)に遺言を遺されているそうです。ある文献からの抜粋ですが
........天照大神は自ら日の輪(太陽)にお帰りになる(崩御される)ことを決心され、諸臣諸民を集めて、后の瀬織津姫に遺し法(のこしのり)をされました。「私の亡き後、ヒロタ(現・西宮廣田神社)に行ってワカ姫(生田神社祭神稚日女尊で天照大神の実の姉に当たる)のご神霊とともに余生を過ごし、女意心(イゴコロ)を守り全うしなさい。私も豊受大神神上がりのこの地(京丹後市峰山町久次)のマナイ(比沼麻奈為神社)で猿田彦に穴を掘らせて罷(まか)ろうと思う。我は豊受大神と男(オセ)の道を守らん。これ伊勢(イモオセ=いせ)の道なり」とのたまい、洞(ほら)を閉じさせました.......
瀬織津姫もまた歴史の中でその存在や御名前が伏せられていった女神ということです。水の恵み豊かなこの国で祀られている女神の数々は、大元をたどればすべて瀬織津姫に帰するともいいます。



そしてここでも..日本ならではの水女神、弁財天と出会いました。そのお姿も、神仏習合そして分離を経た日本での瀬織津姫の御分霊、化身といえるのではないでしょうか。。。
IMG_6694.jpg

IMG_6705.jpg

Japan.jpg


歴史の真実は神のみぞ知る。。。
きらめく水面に息づく清らかな気配も、激しい嵐や津波の中にも、水の神の意思があり 恵みとしてまた嗜めとして 人と世界から離れてしまうことはありません。
くしくも凍てつくはずの冬の陽に、あたたかい氣持ちで水について思いを巡らせることが出来たことは感謝にたえません。なぜならば新月の日に。。。





1/10 大阪にて

IMG_6691.jpg
ようやく、三都物語のハイライトにたどりつきました笑


作曲家、音楽プロデューサー 岡野弘幹さん
この新月の日に、超超ご多忙な岡野さんに新年のご挨拶へ伺えたタイミングは本当に奇跡的です。
和の魂と世界の民族音楽で平和と宇宙愛を織りなす、人生と芸能の大先輩です。。。
しかし私の筆ヂカラで岡野さんのお人柄と音楽の素晴らしさが書ききれないです。。。
私がまだ「ベリー」ダンサーとして駆け出しのころ、夢のように理想の音楽世界・ライブ世界を現実に見せてくださった天空オーケストラ。バンマスとしてフロントマンとして、すべての楽曲とアレンジを手がけ、そしてとてもとても素敵なお父さんでもある岡野さんと出会いました。
御縁あり、何度か天空オーケストラでステージをご一緒させていただいたとき岡野さんが何気なくおっしゃった一言
それは私の人生を変えたメッセージ


「ききちゃん、踊りやるねんやったら
 天河様 行くとええよ。



私にはこう聞こえました
天河様 行かなあかんよ。



平成16年2月3日
節分の日の朝
私はとつぜん「行かなあかん」と思いたち、奈良は吉野の山奥にある天河辨財天社をめざしました
ようやくたどり着いた夜、ごうごうと燃え上がる護摩の炎に誓いました
日本大元の辨才天様 大峯山本宮の天河様は 人の真実を水鏡のように映し出されるとのことです。



12483719_10209062738027255_1719446947_n.jpg



平成28年2月3日
世界でここだけの約束の場所
世界でここだけの舞台
くしくも御誓いから丸12年の節分となりました
今の人生最大の感謝とともに、
今の身をすべて捧げて舞を奉らせていただきます
岡野さん...よろしくお願い申し上げます。
新月に思いも寄らずおとずれたのは水女神様から最大のおさずかりでした
ありがとうございます

KIKI Alma拝



関連記事
スポンサーサイト